いせひでこ / ルリユールおじさん (2011)

いせひでこ / ルリユールおじさん (2011)

ルリユールおじさん 02

いせひでこ / ルリユールおじさん (2011)について

作 家:いせひでこ
作 品:ルリユールおじさん
出版社:講談社
出版日:2011年04月12日

ルリユールおじさん 03

いせひでこ / ルリユールおじさん (2011)のレビュー

娘に呼んであげている絵本。その度にグッと来てしまうものだから、ちょっと困っている。この絵本にはルリユールと呼ばれる本を修理する職人のおじさんと植物が好きな少女ソフィーの物語。

これは20代の頃に友人がプレゼントしてくれた本。すごく気に入っていて、相性の良さそうな人にも進めている。妻も気に入ってくれていて何よりだし、娘も好んで読んでいる。

消えゆく技術が、少女の夢を繋いで行く。平たく言うとそう言う物語なのだが、奥深さが詰まった作品だ。

インタビューはこちら

カテゴリー: book