Vivian Maier ‘Self-Portraits’ / ヴィヴィアン・マイヤー ‘セルフポートレイト’ (2013)

Vivian Maier ‘Self-Portraits’ / ヴィヴィアン・マイヤー ‘セルフポートレイト’

Vivian Maier 'Self-Portraits' 02

作 家:Vivian Maier / ヴィヴィアン・マイヤー
作 品:Self-Portraits / セルフポートレイト
出版社:powerHouse Books
出版日:2013/10/29

Vivian Maier ‘Self-Portraits’ / ヴィヴィアン・マイヤー ‘セルフポートレイト’ (2013)についての走り書き

P.16 April 3, 1961 Chicago area
街の店のウインドウに写る自分を撮影。自身を2段階で見せる手法は本作で数点見受けられる。このレイヤーが一枚の写真の中に複雑性やユーモアをもたらしている。

P.27 Undated – New York
DVDのジャケットなどにも使用されている有名な写真。半身が影で覆われているが、そのことが絵に緊張感と雰囲気をもたらしている。

Vivian Maier 'Self-Portraits' 03
P.31 Undated – New York
自分のスカートの中に女性2人が入っているように見える。すごく好き。

P.37 Undated – Chicago area
自身の影を撮っているのだが、体の中心に葉っぱを持ってきている遊び心がいい。ある種の可愛らしさを感じる。このパターンは海辺でもある。

Vivian Maier 'Self-Portraits' 04
P.48 August 25, 1961 Halsted Street, Chicago
自らが写真の中の写真に収まったかのような、ストリート写真とセルフポートレートが融合した一枚。

P.61 March 2, 1961 Chicago area
何気ない風景写真のように見えて、実はセルフポートレートのパターン。

Vivian Maier 'Self-Portraits' 05
P.61 1956
影が影以上のものとして機能する構図。すごいセンス。

P.66 1970s – Chicago area
水たまりだろうか。子供と一緒に。ボケ具合が最高に美しい。

Vivian Maier 'Self-Portraits' 06
P.71 February 1955 New York
引っ越で鏡を運んでいる中に自分を置いてのセルフポートレート。Vivian自身が微笑んでいるというかなり貴重な一枚。笑ってしまうほどよく撮れたのだろうと想像するのだが。

P.85 October 1977 Chicago
中央にガラスに薄ぼんやり人が写り、自身は影にて左下にひっそりと配置したポートレート。この絶妙なさり気無さが彼女の魅力の1つだ。

P.111 August 1977 Chicago
路上で売っている絵のフレームの中に自身を入れ込んだポートレート。そのまま絵の1つとして売られているかのよう。

こうして俯瞰してみて感じるのは、彼女の顔の無表情さと構図から感じるユーモアとのギャップが非常に印象的。彼女が微笑んでいるセルフポートレートがない分、「February 1955 New York」がいい味をだしている。

Posted In