絵/ Laura Jordan (Delicate Mayhem)

Laura Jordan (Delicate Mayhem)

Laura Jordan (Delicate Mayhem)とわたしについて

絵: Laura Jordan (Delicate Mayhem) 02
2010年か2011年の頃、Brick Laneへ行ったときに偶然見つけたアーティスト。山ほどある雑貨屋をはじめとするショップの中で、わたしは出会ってしまった。

解体と再構築。しかしそれらはどこか透明感のある、「優美な破壊行為」であった。白いキャンバスの上の、最も美しい方法で、ロンドンを壊していた。

わたしが生まれて初めて買った絵だ。何よりロンドンに住んでいた頃の良き思い出を象徴する絵として、一生大事にして過ごすだろう。

驚いたことに、わたしが当時住んでいたフラットからアトリエは近いことを、帰国後に知った。惜しいことをしたと思っている。

作者知っているだろうか。自分の絵が、日本のとあるアパートに飾られていることを。そしてその絵が大きな意味を持っていることを。そのことを想像すると、わたしもまた自分の作品が、国を超えて旅をする可能性に、希望を抱くし、時を超えることを願ってやまない。

link / リンク

a.作 品:不明
b.作 者:Laura Jordan (Delicate Mayhem)

Posted In