mouse on the keys “Japan tour 2019” @渋谷DUO MUSIC EXCHANGE

mouse on the keys “Japan tour 2019”

友人とmouse on the keys “Japan tour 2019” のツアーファイナルを渋谷DUO MUSIC EXCHANGEへ観に行った。2018年5月に出たアルバム「tres」が素晴らしすぎて、「これは絶対に観たい、いや観なきゃならない」と思いチケットを購入していたのだが、ようやくこの日が来た。

mouse on the keys 01

opening act / オープニングアクト, Yasei Collective, FORT

mouse on the keys 04

オープニングアクトはYasei Collectiveというバンド。はじめて聴いたが、ズレズレの一曲目がJ Dillaの雰囲気があって好みだった。ギターと思っていた音が実はベースで奏でられていたり、楽器を持ち替えて鍵盤を弾いたりと、マルチプレイヤーによる音楽の引き出しの多彩さは見事。ポップでダンサンプルなんだけれど変拍子を多用するなど一筋縄ではいかない、通な作りをするバンドだ。

続いてはトラックメーカーのFORT。最初はその存在に気づかなかずBGMとして聴き流し、友人と話しこんでいたのだが、度々刻まれるカッコ良いビートにすっかり引き込まれてしまった。中でもかなり解体されたクラムボンの曲が非常に印象的で、がっちり心を掴まれてしまった。

mouse on the keys 06

その後、mouse on the keysがなかなか始まらないなと思っていたら、何かトラブルがあったらしくのドラムである川崎昭氏が単身ステージに出てきて場を繋いでくれる。

main act  / メインアクト, mouse on the key

mouse on the keys 08

程なくして、いよいよライブが幕をあげる。映像を照射しながらの演奏。映像はシンプルだけれどmouse on the keysの世界観にとても合っているように思えた。一見クールに見えるメンバーそして音楽性だが、今回のライブで一番伝わってきたのはドラム川崎昭氏のほとばしるような熱だ。mouse on the keysに懸け、どれだけ長い時間ドラムセットの前で過ごしてきたか、そうした想いが滲み出るかのようなプレイ。一つ一つの音の粒立ちがよく非常にタイト。時にダイナミックに、時に繊細で表情が豊か。そのドラミングはNINE DAYS WONDER時代の面影を残しつつ骨太。何より、ロックしていた。

mouse on the keys 10

Dominique Fils-Aimeをフューチャリングした楽曲「Stars Down」、「Pulse」は代役を立てての演奏。mouse on the keys初のヴォーカル曲という長年のファンからすれば驚きの曲。だがこれも見事にmouse on the keys流のR&Bへと昇華され、とても普通に聴けてしまうから不思議だ。

なお、聴きたかったけれど叶わなかった「tres」の収録曲は「Time Feat. Mario Camarena」。おそらく代わりの人間を頼むにも、ギターソロが難しすぎたのだろう。

一方、過去の音源からの曲、例えば「Earache」や「Dark Lights」は改めてそのかっこ良さを再発見させてもらった。ちなみに、個人的に楽しみにしていたのはいまだに聴き続けている「最後の晩餐」。私とmouse in the keys を繋げた最初の曲でもある。今日のライブは、過去の作品からまんべんなく聴きたい曲を聴くことが出来た。大満足のライブだった。

まとめ

mouse on the keys 022007年に彼らがリリースした音源「Sezession」の「最後の晩餐」と出会ってからはや12年。1drum + 2 keyoboardsという形態に、ハードコアなNikolai Kapustin (ニコライ・カプースチン)として、最高にカッコよかったmouse on the keysだが、2018年にリリースした「tres」で改めてそのセンスを見せつけた。「挑戦に裏目にでる改悪」も存在する中で、彼らは今だにカッコ良く音楽的成長は止まることを知らない。

また構築美としてのイメージを持つmouse on the keysだが、そのライブで発せられる熱は、明らかにロックそのもの。けっして「おしゃれ」なんていう言葉では回収されない熱がここにはある。またドラム川崎昭氏のMCがえらく印象的で、音楽的、人間的にもすっかりmouse on the keysが好きになってしまった。

印象的だったドラム川崎昭氏のMCのメモをここに残す。

「現実は過酷です。だから音楽を聴くんでしょ。」

「人は今に生きるように見えて、過去や未来に生きている。」

「いつまでドラムが叩けるかわからない。」

mouse on the keys 11

概要

artist:mouse on the keys
guest:Yasei Collective, Fort
date:2019年3月19日(火)
place:渋谷DUO MUSIC EXCHANG
tour:Japan Tour 2019
open / start:19:00 / 20:00
ADV./DOOR オールスタンディング / ¥3,500- (税込)