Paul

20190606-L1009207

その昔、ロンドンで同級生が差し入れてくれたのだPaulとの出会いだった。あれからもう10年近い時が経つ。そのせいか、いまだに私にとって特別なパン屋さんのひとつとなっている。

Posted In