軽井沢 04 脇田美術館 「相原求一朗の軌跡 大地への挑戦 」

絵の見方を教わる。画家が表現したいと思って描いた絵と企業から依頼されて描いた絵を見比べてみる。そのクオリティというか、迫力というか、作品としての存在感とでも言おうか。一目瞭然に近いものを、絵は発していた。とても驚いた。