日本・オーストリア外交樹立150周年記念 「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」 国立新美術館

隙間時間に。実はちょっと行きたいと思っていたのだ。実際に行けることになって嬉しかった。私が普段行くようなある特定のアーティストの展覧会というよりは、ウィーンというくくりでプレゼンテーションした展覧会であり、その分広く浅くなのだが、それが逆に新鮮で包括的にクリムトやシーレを眺めることができた。こういう区切り方も面白い、という学びを得た。

20190712 ウィーンモダン 国立新美術館 01

20190712 ウィーンモダン 国立新美術館 03

20190712 ウィーンモダン 国立新美術館 04

次の作品群が心に響いた。

1.Klemens von Metternich / クレメンス・フォン・メッテルニヒ (1773 – 1859)
アタッシュケースの実物。まさかとは思ったが、レプリカではなく本物で驚いた。

2.「Schubertiade / シューベルティアーデ」という言葉を発見。「音楽を奏で、ときに野山に出かける集まり」の意。ディケンジアンやカフカレスク的な人名の形容詞化した言葉だ。

3.Ferdinand Georg Waldmüller / フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミューラー (1793 – 1865)
緻密な筆致から光を使う印象派の先駆けとなる画家。

4.Hans Makart / ハンス・マカルト (1840 – 1884)
「Dora Fournier-Gabillon / ドーラ・フルニエ=ガビロン」 (1879-80 年頃 ウィーン・ミュージアム蔵) が素晴らしい。

音楽ではシューベルトの他にJohann Strauss / ヨハン・シュトラウス、建築の分野ではOtto Wagner / オットー・ヴァーグナーが取り上げられていた。

5.Gustav Klimt / グスタフ・クリムト(1862 – 1918)
「Love / 愛」(1895) 接吻の初期バージョンといわれる作品らしい。

6.Maximilian Kurzweil / マクシミリアン・クルツヴァイル (1867 – 1916)
「 Lady in Yellow (‘Dame in Gelb’), / 黄色いドレスの女性」(1899)

7.Maximilian Lenz / マクシミリアン・レンツ (1860 – 1948)
「Sirk-Ecke / シルク=エッケ」(1900)
これは図録でも見たが、全くと言っていいほど、本物の絵の持つ独特のニュアンスを表現しきれていない。本物の価値を感じた瞬間だ。

8.Carl Moll / カール・モル (1861 – 1945)
「My Living Room (The painter’s wife, Anna Moll, in the couple’s apartment in Vienna) / 書き物机に向かう画家の妻アンナ・モル」(1903)
「Mother and Child at the table (At Breakfast) / 朝食をとる母と子」(1903)

8.Egon Schiele / エゴン・シーレ (1890 – 1918)
「Self portrait / 自画像」(1920)
「Schiele’s Room in Neulengbach / ノイレングバッハの画家の部屋」(1911)
「Gustav Klimt at his Deathbed / 死の床につくグスタフ・クリムト」(1918)

20190712 ウィーンモダン 国立新美術館 07

20190712 ウィーンモダン 国立新美術館 08

20190712 ウィーンモダン 国立新美術館 05

20190712 ウィーンモダン 国立新美術館 06